「それって違法じゃない?」
「逮捕されないの?」 

海外オンラインカジノについての法律は?

オンラインカジノというものが誕生してまだ間もないため、法の整備が追いついていないのが現状です。
現行の賭博罪では違法でもなければ合法でもないという、法が無いグレーゾーンにあります。
最終的には裁判所が有罪か無罪か判断するわけですが、現行の法律では裁判所も判断材料がないためか、いまのところ裁判にかけられた例もありません。
「現行の法律では海外のオンラインカジノ自体を規制することはできないから入金手段を制限しよう」
ということで、日本のクレジットカードの多くは海外ギャンブルサイトへの使用が制限されていますが、これはカード会社の自主規制であり、法律で規制をかけているものではありません。
なので使えるクレジットカードも稀にありますし、逆を言えば法律上問題無いわけです。
法の整備に関しては、日本のカジノ合法化に合わせて今後動きがあるはずですので常に注視しておきたいとろこですね。

現行の賭博罪を知っておこう

みなさんご存知の通り、日本国内のカジノは違法です。
常習かどうかでも変わりますが、50万円以下の罰金または3年以下の懲役となります。

ですが、ラスベガスのカジノでプレイした場合はどうでしょう?
マカオのカジノでプレイした場合はどうでしょう?
当然これは罰せられませんよね?

殺人や強姦、窃盗等の犯罪の場合、日本の刑法は「属人主義」を採用しているので、例え海外でそのような行為をした場合でも日本の刑法で罰せられます。
ですが賭博罪については日本の刑法は「属人主義」を採用していません
なので海外で賭博を行っても日本の刑罰で罰せられることはありません

「海外オンラインカジノは海外ってこと?」
そう、ここが一番重要なポイントです。
全てのオンラインカジノが海外のものとは限らないからです。

オンラインカジノ運営会社は世界中に無数に存在しています。
その中で海外のものとハッキリ言えるものは、オンラインカジノの運用サーバーが海外にあり、かつ運営元の企業の実体も海外に存在するものに限ります。
さらにカジノとの入出金に仲介業者を使用する場合も、海外に拠点を置いた業者を使用している必要があります。

サーバー、もしくは運営元、仲介業者のいずれかひとつでも日本国内に存在する場合は、日本国内のカジノとみなされるため、当然賭博罪の適用範囲となるので注意が必要です。
こうした違法性のある賭博には絶対に手を出してはいけません。

稀に「オンラインカジノで逮捕者が出た」というニュースを聞くことがありますが、これは全て後者に当たります。
しっかりとこの違いを理解しておけば、オンラインカジノは安心してプレイできるものなのです。

 

賭博罪が適用されない安全な海外オンラインカジノ
(プレイヤー以外は海外に存在している)
casinoillegal02

賭博罪が適用される国内オンラインカジノ
(サーバーや運営元が日本国内に存在する)
casinoillegal03
(サーバーは海外だが運営元が日本国内に存在する)
casinoillegal01

当サイトで紹介しているオンラインカジノは、当然全て海外に拠点を置いている海外オンラインカジノですので安心して登録してください。
入金の際も、海外のオンラインウォレットとして実績の高いSkrill(スクリル)やNeteller(ネッテラー)を使用するのが最も安全な方法です。
※Netellerは2016/9よりギャンブル目的の入手金に制限をかける見込みのためSkrill口座を使用するのがオススメ。

 

見分け方は?

さてここまで読んだ方は、完全な海外オンラインカジノならば違法ではく安心して遊べるということがしっかり理解出来たと思います。
それでは完全な海外オンラインカジノなのかどうか、実際にはどうやって見分ければいいのでしょうか?

一番簡単なのは当サイトで紹介しているもの以外に登録しないことです。(笑)
ですがもっと他のオンラインカジノにも登録してみたい人もいると思いますので、簡単な見分け方を3点ほどご紹介しておきます。
これらは登録する前にサイトを訪問すれば簡単にチェックできることなので是非参考にしてください。

1.多言語サイトになっていない
海外のカジノは当然日本語以外の言語が主体です。
サイトのどこかに言語の切り替えボタンがあり、色んな言語がある中の1つが日本語であるという場合は海外の運営元でしょう。
サイトの一部がまだ日本語化に対応していなかったりするのが普通です。
それとは逆に他の言語への切り替えができず、日本語のページしか見当たらないオンラインカジノは要注意です。

2.プレイヤーもディーラーもサポートも日本人ばかり
海外のカジノは普通であれば世界中からプレイヤーが集まります。
そして普通であればその国の人を雇用しますので、ディーラーもサポートも日本人以外のことがほとんどです。(最近では日本語サポートが受けられるよう数人の日本人スタッフを用意しているカジノも多いですが)
なので、目にするプレイヤー名が日本人ぽいネーミングばかりであったり、ディーラーやサポートが日本人ばかり、飛び交う言語が日本語ばかりという場合は要注意です。

3.ライセンスが表示されていない
海外のカジノはその国で取得した運営許可ライセンスをサイトに堂々と掲載しています。
これが無いオンラインカジノは海外ではないどころか違法カジノの可能性があるので要注意というか絶対に登録してはいけません。

 

関連リンク

»»「オンラインカジノ登録方法」へすすむ
»»「オンラインカジノ入金方法」へすすむ
»»「Skrillの口座開設方法」へすすむ

ベラジョンカジノ新規登録
エンパイアカジノ新規登録