9月15日にギャンブルを目的とした利用が出来なくなってしまったネッテラー。

オンラインポーカーやオンラインカジノ用に利用していた人には衝撃ニュースでしたね。

といっても世界には他にも色んなオンラインウォレットがあるので大した問題ではないでしょう。

各オンラインカジノも日本人ユーザーを逃さないようにネッテラー以外の決済手段を用意し始めています。

 

マイナンバーが必要に

私はギャンブル以外での利用があるためネッテラーを継続して使用するつもりでいるのですが、久しぶりに残高チェックでログインしたところ下の画面がポップアップ表示されました。

ネッテラーマイナンバー

「10月より、マイナンバー証明書と住所確認書類をご提出頂く必要がございます。」

ということは、ネッテラーは今後本格的に日本の市場で展開していく予定なのでしょう。

詳細についてはNETELLERサポートをご覧くださいということなので、そちらも読んでみました。
読みたい人はクリック↑

手順としては、

①まだ秘密の質問を設定していない人は設定する。

②住所、職業と使用目的を入力確認
(住所は郵便物を受け取るので正確に)

③マイナンバーカード、通知カード、または番号のみ+住民票の何れかをアップロード

④③でマイナンバーカード以外を選択した場合は、運転免許証やパスポートをアップロード

⑤②で記載した住所に住所認証コードが届くので、ネッテラーのマイページから入力する。

ということらしいです。

 

何やら面倒ですが、10月以降も使い続けるにはこの作業が必要なようです。

まだポップアップでの予告通知のみで、実際にアップロード等を行うことは出来ません。

ユーザーには近々メールで通知されると思いますので、今のうちにマイナンバーカード(またはその通知カード)が手元にあるか確認しておきましょう。

 

これにより国内の別の銀行口座とも紐付けされて、簡単に国がチェック出来るようになるのでしょう。

ネッテラーで税金対策を・・・なんて考えていた人にはこれもまたショッキングなニュースですね。(脱税はダメですよ〜)