韓国カジノの特徴

お隣の韓国は意外にもカジノ大国。
1967年に外国人のカジノが合法化され、いまではソウルやチェジュ島を中心に国内に17のカジノが点在している。
そのほとんどは外国人観光客向けで、韓国人は入場することが出来ない仕組み。

現在、2018年の冬季オリンピックに向けてカジノ建設ラッシュを迎えている韓国では、数年以内に6個ものカジノリゾートが新たにオープンする予定となっている。

日本から2時間程度で行ける上に、マカオに行くよりも渡航費も滞在費も安く抑えられるため、日本人カジノフリークの多くは韓国カジノを愛用している。
日本語が通じるスタッフやディーラーが多いため、初心者でも安心して遊べるだろう。
ただしどこのカジノもマカオなどのカジノリゾートと比べると規模は小さく、その割にはミニマムベットが高かったりする。

また近年お隣の国のお客さんが急増していて、週末だとテーブルには付けないことも多い様子。
遊んでいない人がスロットに着席し続け、荷物まで置いて占領していたりと、マナーが問題視されている。

 

韓国カジノの年齢制限

韓国のカジノは珍しく19歳から入場ができる。
(ラスベガスやシンガポールは21歳から)

入場の際にはパスポートチェックが必ずあるので忘れずに持って行こう。

18歳の方はオンラインカジノを楽しもう!

 

韓国カジノのドレスコード

比較的カジュアルな服装でOK。
ただし短パンやタンクトップ、スリッパはNGとなる。

また、サングラスや帽子、ロングコート、大きなカバンやショップバックは持ち込みが規制されている。
その他カメラ等も持ち込めない。
こういったモノを持っている場合は、入り口で預けてから入場しよう。

 

韓国カジノのチップ交換

遊ぶ前にキャッシャーでチップに交換するのが基本スタイル。
(テーブルでの交換ももちろん可能)
キャッシャーではほとんどの場合、日本円も使用可能。
カジノによってはクレジットカードでのチップ購入が可能なところも。

スロットの場合は韓国ウォンでのみプレイ可能だ。
ウォンが足りなくなった場合は、周辺に設置されている両替機を使用しよう。

終了時にチップから現金へ換金する際には両替証明書が発行されるので、無くさないようにとっておこう。
(負けた場合はどうでもいいが)
出国時の持ち出し金が多くて万一止められたとしても、これを見せれば問題ないのだとか。
実際に止められた経験が無いので詳しくはよくわからないが…

食べ放題・飲み放題?

基本的にノンアルコールドリンクはどこのカジノも飲み放題。
これは頼まなくてもいいドリンクバースタイルになっているので気兼ねなく飲みやすい。
(近年はあの国の客が増えたので配膳式に切り替えているところもある。)

アルコール類の注文と食事の注文はカジノによって異なるようだ。
プレイしなくてもOKなところ、メンバーカードを作成してポイントを貯めて頼むスタイル、プレイ中のみ頼めるところ等がある。

 

韓国のカジノへ行く前に

旅行の際に「カジノも少しのぞいてみよう」と計画する人は多い。
だが実際には
「何をどうしたらいいのか分からない」
「ゲームのルールが全然分からない」

「スロットはできてもテーブルゲームは勇気が出ない」
と、入場してもすぐに出てきていしまう人が多いのだ。
なかには、
「賭け方がわからずにボタンを押したら全額が1回でなくなってしまった」
という悲惨な経験の持ち主も・・・(笑)
いやいや、これは笑い事ではなくてゲームに疎い女性には結構アリガチなパターン。

せっかくのチャンスにこれでは勿体無い。
なかなか長期休暇が取れず海外旅行に滅多に行けない人なら尚更である。

そんなカジノデビューを考えている人にうってつけなのがオンラインカジノだ。

ここで「このサイト怪しい」と感じたあなたはザ・日本人である。
オンラインカジノに不信感を抱いている日本人が多いが、それはナンセンス。
というか、そんな考え方が蔓延しているのは日本がカジノ後進国であるが故なのだ。

政府発行のライセンスを取得して合法運営されている海外のオンラインカジノは、普通のカジノとなんら変わらない運営体制・監査体制で厳しく管理されている。
採用しているスロットゲームも普通のカジノと同じ会社が提供しているものも多く、さらに通常のカジノよりも最新機種が揃っているので、オンラインカジノのプレイヤー人口は世界中で年々増加している。
その興行収入はランドカジノ(実店舗のあるカジノ)を上回る勢いで急成長している。
というかもう追い抜いているらしい。

昔はPCに専用ソフトをダウンロードしなければプレイできなかったオンラインカジノだが、最近ではほとんどのオンラインカジノがスマホやタブレットにも対応してアプリ化しているので、スマホゲームと変わらない環境で楽しむことが出来てしまう。
しかも無料モードで遊ぶ事もできるのでスロット、ルーレット、バカラ、ポーカー等、思う存分に慣れるまでプレイ可能

少し慣れてきたらLIVEゲームに挑戦するのがいいだろう。
本物のディーラーとリアルタイムでチャットをしながらテーブルゲームをすることが出来るので、これに慣れてしまえばもう本場のカジノに行っても尻込みしない。

というわけで、
いきなり海外へ行ってカジノデビューするのではなく
「すぐにサポートが受けられる(日本語でもOK)」
「いつでもどこでも楽しめる」
「人目を気にしなくていい」
というメリットを享受しながら、のんびりとカジノデビューして、十分に慣れてから渡航するのがオススメだ。

オンラインカジノは登録無料・年会費などの継続費も一切無料である。
むしろ無料登録しただけでお金が貰えるオンラインカジノもあるので初心者にはうってつけだ。
※現在入金しなくても無料登録だけでボーナスマネーが貰えるのはベラジョンカジノのみとなっている(2016年5月現在)

カジノ初心者向けのおすすめオンラインカジノ

>ベラジョンカジノ公式ページ
>>【ベラジョンカジノ】ボーナス申請方法

カジノ中級〜上級者向けのおすすめオンラインカジノ

>>エンパイアカジノ公式ページ

 

韓国のカジノホテル一覧

ソウル(Seoul)

Seven Luck Casino Seoul Gangnam(セブンラックカジノ・ソウル江南)
Seven Luck Casino Millennium Seoul Hilton(セブンラックカジノ・ミレニアムソウルヒルトン)
Paradise Casino Walker Hill(パラダイスカジノ・ウォーカーヒル)★★★

チェジュ島(済州島)(Jeju)

Jeju Dream Tower Casino(チェジュ・ドリームタワーカジノ)
Resorts World Casino Jeju(リゾートワールドカジノ・チェジュ)
Golden Beach Casino at Jeju KAL Hotel(ゴールデンビーチカジノ・済州カルホテル)
Hyatt Regency Hotel & Casino Jeju(ハイアットリージェンシー・ホテル&カジノ済州)
Jeju Oriental Hotel Casino(済州オリエンタルホテルカジノ)
Paradise Casino Jeju Grand(パラダイスカジノ・済州グランド)★★★
The Shilla Jeju Hotel & Casino(済州新羅ホテル&カジノ)
Jeju Sun Hotel & Casino(済州サンホテル&カジノ)

 

インチョン(仁川)(Incheon)

Inspire Integrated Resort(インスパイア・インテグレーテッドリゾート)★★★
Caesar's Casino Incheon(シーザーズカジノ・インチョン)
Paradise Sega Sammy(パラダイス・セガサミー)
Paradise Casino Incheon(パラダイスカジノ仁川)

プサン(釜山)(Busan)

Paradise Casino Busan(パラダイスカジノ釜山)
Seven Luck Casino Busan Lotte(セブンラックカジノ釜山ロッテ)

 

その他のエリア

Twentieth Century Fox World Korea(20世紀FOXワールドコリア)
Kangwon Land Casino & Hotel(江原ランドカジノ&ホテル)
Alpensia Casino & Resort(アルペンシア・カジノリゾート)