まず最初にご紹介しなければならない攻略法は間違いなくこれ。

「マーチンゲール法」
またの名を「倍賭け法」
手法評価★★★★★

世界でも最も有名であり、世界で最も効果的な賭け手法です。
やり方も至極簡単。

マーチンゲール法のやり方

①最初にx円を賭けます
勝てた→①へ
負けた→②へ

②前回負けた金額の2倍を賭けます
勝てた→①へ
負けた→②へ

 

どうでしょうか?
カジノに関わりのない生活をしてきた方でも、この賭け方は知っていたんじゃないでしょうか?
負ける度に倍プッシュで更に賭けていく、これ以上にないくらい強気な手法です。

マーチンゲール法のメリット

それは非常に負けにくい事です。
例え10連敗したとしても、次の11勝負目に勝てれば、それまでの10連敗分の負けを取り戻せるため、勝率は非常に高くなっています。
もしもテーブルリミット(マキシマムベット額)が青天井で、資金も無限にあるとするならば、間違いなくこの手法は最強と言えるでしょう。

 

マーチンゲール法のデメリット

それはリターンに対してリスクがあまりにも大きい事です。
ご自分で気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、この手法では一勝負で得られる金額は必ず最初に賭けた金額と同じになります。
それに引き換えもし負けが連続して続いてしまった場合、その負け金額は倍々と増えていきすぐに天文学的数字になってしまいます。

例※最初に1ドルを賭けた場合。

1→2→4→8→16→32→64→128→256→512→1024→。。。。。

たったの10連敗しただけで、負けた金額は1023ドルに膨れ上がります。
もしも軍資金やマキシマムベットが1000ドルだった場合、その時点でお手上げです。
その後それを取り戻そうとまた1ドルから賭け始めた場合、1024回も勝つ必要があるわけです。
その1024回勝利する前に、また10連敗が無いとも言い切れません。そうなるともう泥沼状態になってしまうでしょう。
とんでもないハイリスク・ローリターンな手法と言えます。

 

マーチンゲール法が利用できるゲーム

全てのカジノゲームやその他ギャンブルにおいて、マーチンゲール法が利用できないものはないでしょう。
手法名を知らない人が知らず知らずのうちにやっていることだってあります。

確かにリスクの大きい手法です。

しかし、例えば連敗の許容範囲を狭く括ってしまえば話は違ってきます。
3連敗までにしておくと決めたら、失う金額は当初賭けた額の6倍で済みます。
他にも手の加えようは多岐に渡り、応用がとても柔軟に効く素晴らしい手法なのです。

 

マーチンゲール法の名前の由来

昔、南フランスにあるマーティギュー地方の出身者が、この賭け方を好んで行っていたそうです。
そのことから「マーティギューシステム」と呼ばれ、それが徐々に「マーチンゲールシステム(法)」と呼ばれるようになったようです。