マーチンゲールに疑問を抱いた人へ
パーレー法をやろう!と言いたくなるようなマーチンゲール法の正反対の事を行う手法。

「パーレー法」
(Parlay)(Paroli)(Reverse Martingale)
(Pare method)
または「逆マーチンゲール法」「アンマーチンゲール法」と表記される
手法評価★★★★★

非常に簡単かつ、超強力な手法。バーレー法と間違えられる事も多い

パーレー法のやり方

①最初にx円を賭けます
勝てた→②へ
負けた→①へ

②前回賭けた金額の2倍を賭けます
勝てた→②へ
負けた→①へ

 

つまり、マーチンゲールが負けるたびに賭け金を倍にしていくのに対して、パーレー法は勝つたびに賭け金を倍にしていくのです。
バカラやルーレットのイーブンマネーベットであれば配当は1倍ですから、賭けに勝った場合そのまま受け取った配当金を全額賭ける形になります。

ビデオポーカーを遊んだことがある方は、同じような体験があると思います。
賞金をそのまま全て賭けてダブルアップチャンスに挑戦できる台がありますよね。
赤が来るか黒が来るか(2倍)、スペードかクラブかハートかダイヤのどれが来るか(4倍)、これに挑戦するのもパーレー法の様なものだと思います。

パーレー法のメリット

ローリスクハイリターンな手法の極みです。
勝ったらそのまま勝ち金を倍プッシュ。なんて、あらゆるギャンブル漫画等で見たことはないでしょうか?
負けたら毎回1しか減っていきませんが、連勝したらそれはもうとんとん拍子に増えていきます。
配当が1倍のバカラやルーレットのイーブンベットで10連勝出来れば、1ドルから賭けたとしても1000ドルを超えます。
もしも11勝負目で負けて約1000ドルを失ったとしても、それはもともと1ドルですからダメージはありません。

とても夢のある素晴らしい手法です。

パーレー法のデメリット

ある程度連勝を重ねないと、つまらない勝負が続いてしまいます。

また、単純な確率論による計算で言うと、連勝して大金を得ることよりも負け金額がちびちびと嵩んでいく方が確率が高いです。
しかし実際の勝負では確率は当てにならないため、勝利に偏ることもあれば敗北に偏ることもあります。

個人的には特にデメリットのない手法であると考えます。

パーレー法が利用できるゲーム

マーチンゲール法の逆を行えばいいだけなので、あらゆるゲームに利用することが出来ます。
金額がみるみる増えていくため、あらゆるギャンブル映画や漫画などの劇的な展開にも利用されます。