もっと大金を稼ぎたい!
剛運の持ち主ならたちまち巨万の富を得る事が出来る手法。

「グランパーレー法」
または「逆グランマーチンゲール法」「グランアンマーチンゲール法」等とも表記される
(グランバーレー法と間違えられることも多い)
手法評価★☆☆☆☆

グランマーチンゲール法を知っている方なら、名前を聞いただけでどういう手法かピンとくると思います。その思った通りの手法です。

グランパーレー法のやり方

①最初にx円を賭けます
勝てた→②へ
負けた→①へ

②前回賭けた金額の2倍+xを賭けます
勝てた→②へ
負けた→①へ

つまり賭けに勝つ度に賭け金額を2倍、プラス最初に賭けた金額を上乗せしていくだけの手法です
グランマーチンゲール法の正反対の手法と言えます

例※最初に1ドル賭け、勝ち続けた場合のベット額推移
1→3→7→15→31→63→127→255→311→・・・・
勝つ度に前回の賭け金額×2+1を行うだけです

グランパーレー法のメリット

ただでさえハイリターンのパーレー法に、さらに賭け金を追加していく超ハイリターンな手法。
今日はきてる!ついてる!と思ったら、是非このグランパーレー法を試して欲しい。
この上ない速度で、ぐんぐん勝ち金を増やしていけるだろう。
1単位ずつ増やしているだけなのに、3連勝目以降から配当金額はパーレー法の2倍ほどになり、いち早く大金を手にすることが出来る。

グランパーレー法のデメリット

パーレー法はそのままでも十分に大勝が狙える手法なのに、わざわざリスクを追加してまでグランパーレー法を行う理由は少ないと感じる。
実際に試した所、勝っても負けても軍資金が1単位ずつ減っていく印象を受け、徐々にむなしくなってきた。
そもそも、勝ちを重ねるごとにグランパーレー法の旨味は薄まっていくため、連勝の途中から配当の増加率はパーレー法とそれほど変わらない。

例※最初に1ドルを賭けた場合

パーレー法で連勝した場合の賭け金額推移
1→2→4→8→16→32→64→128→256→512→1024→2048→4096→8192→16384

グランパーレー法で連勝した場合の賭け金額推移
1→3→7→15→31→63→127→255→511→1023→2047→4095→8191→16383→32767

これを見て分かる通り、グランパーレー法はパーレー法に対してほぼ1勝負早く賭け金額が進んで行きます。
連勝するのは大変ですから、1勝負でも早く進むのは確かに喜ばしい事です。しかし、リスクを考えるとどうでしょうか?
例えばパーレー法で10連勝した次の勝負で負けてしまった場合、失う元手は1ドルだけで済みます。
しかしグランパーレー法で10連勝した次の勝負で負けてしまった場合、失う元手は10ドルになってしまいます。

私はこう考えます。
もしもグランパーレー法をするくらいなら、最初の金額を2倍にしたパーレー法を行う方が合理的。

パーレー法とグランパーレー法の違いを表でご覧ください。イーブンベットで行った場合です。
純利益100万単位までの道のりですが、何時負けても損失の小さいパーレー法の方が良いと思いませんか?
グランパーレー

※クリックで拡大

グランパーレー法が利用できるゲーム

単純なシステムですから、ほとんどのゲームで利用できます。
勝ったら倍プッシュプラスワン。男気のある賭け方だと思います。