newzealand

 

ニュージーランドカジノの特徴

大きめの都市に1つずつある印象。
スカイシティ(SKYCITY)という系列のカジノが多く占める。

ゲームは西洋人が好むブラックジャックやポーカーから東洋人が好むバカラやシックボーまで幅広く揃っている。

ニュージーランドのカジノ年齢制限

20歳以上から入場可能。

知らなきゃ損!旅行のお供にベラジョンカジノ

 

ニュージーランドのカジノドレスコード

服装はカジュアルフォーマルを意識しよう。
ジーンズや短パンはNG。サンダルもNGだ。

スマホ以外の電子機器類は持ち込み禁止のところが多いのでクロークに預けてから入ろう。

 

ニュージーランドのカジノへ行く前に

旅行の際に「カジノも少しのぞいてみよう」と計画する人は多い。
だが実際には
「何をどうしたらいいのか分からない」
「ゲームのルールが全然分からない」

「スロットはできてもテーブルゲームは勇気が出ない」
と、入場してもすぐに出てきていしまう人が多いのだ。
なかには、
「賭け方がわからずにボタンを押したら全額が1回でなくなってしまった」
という悲惨な経験の持ち主も・・・(笑)
いやいや、これは笑い事ではなくてゲームに疎い女性には結構アリガチなパターン。

せっかくのチャンスにこれでは勿体無い。
なかなか長期休暇が取れず海外旅行に滅多に行けない人なら尚更である。

そんなカジノデビューを考えている人にうってつけなのがオンラインカジノだ。

ここで「このサイト怪しい」と感じたあなたはザ・日本人である。
オンラインカジノに不信感を抱いている日本人が多いが、それはナンセンス。
というか、そんな考え方が蔓延しているのは日本がカジノ後進国であるが故なのだ。

政府発行のライセンスを取得して合法運営されている海外のオンラインカジノは、普通のカジノとなんら変わらない運営体制・監査体制で厳しく管理されている。
採用しているスロットゲームも普通のカジノと同じ会社が提供しているものも多く、さらに通常のカジノよりも最新機種が揃っているので、オンラインカジノのプレイヤー人口は世界中で年々増加している。
その興行収入はランドカジノ(実店舗のあるカジノ)を上回る勢いで急成長している。
というかもう追い抜いているらしい。

昔はPCに専用ソフトをダウンロードしなければプレイできなかったオンラインカジノだが、最近ではほとんどのオンラインカジノがスマホやタブレットにも対応してアプリ化しているので、スマホゲームと変わらない環境で楽しむことが出来てしまう。
しかも無料モードで遊ぶ事もできるのでスロット、ルーレット、バカラ、ポーカー等、思う存分に慣れるまでプレイ可能

少し慣れてきたらLIVEゲームに挑戦するのがいいだろう。
本物のディーラーとリアルタイムでチャットをしながらテーブルゲームをすることが出来るので、これに慣れてしまえばもう本場のカジノに行っても尻込みしない。

というわけで、
いきなり海外へ行ってカジノデビューするのではなく
「すぐにサポートが受けられる(日本語でもOK)」
「いつでもどこでも楽しめる」
「人目を気にしなくていい」
というメリットを享受しながら、のんびりとカジノデビューして、十分に慣れてから渡航するのがオススメだ。

オンラインカジノは登録無料・年会費などの継続費も一切無料である。
むしろ無料登録しただけでお金が貰えるオンラインカジノもあるので初心者にはうってつけだ。
※現在入金しなくても無料登録だけでボーナスマネーが貰えるのはベラジョンカジノのみとなっている(2016年5月現在)

カジノ初心者向けのおすすめオンラインカジノ

>ベラジョンカジノ公式ページ
>>【ベラジョンカジノ】ボーナス申請方法

カジノ中級〜上級者向けのおすすめオンラインカジノ

>>エンパイアカジノ公式ページ

 

ニュージーランドのカジノ一覧

Queenstown(クイーンズタウン)

SKYCITY Wharf Casino(スカイシティ ワーフ カジノ)
SKYCITY Wharf Casino(スカイシティ クイーンズタウン カジノ)★★★

Auckland(オークランド)

SKYCITY Auckland Casino(スカイシティ オークランド カジノ)

Christchurch(クライストチャーチ)

Christchurch Casino(クライストチャーチ カジノ)

Hamilton(ハミルトン)

SKYCITY Casino Hamilton(スカイシティカジノ ハミルトン)

Dunedin(ダニーデン)

Dunedin Casino(ダニーデン カジノ)

dunedin