%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%ab%b6%e9%a6%ac%e3%81%af%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89%e3%82%92%e8%b3%ad%e3%81%91%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e9%a6%ac%e3%82%92%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%a7

競馬(けいば、Horse Racing)とは、馬が一定のコースをどれだけ速く駆け抜けられるかを競うスポーツ、かつ興行である。

概説

競馬は競馬場で開催される。一つ一つの競い合いを競走と呼び、一日の競馬開催でいくつかの競走が行われる。競走では、一般には騎手が馬に騎乗して一定の距離を走り、正規に最も早く決勝線に到達した馬を勝者とする。コース途中に設置された障害を飛越したり、騎手が乗った車やそりを引っ張ったりすることもある。決勝線の到達は概ね馬の鼻の先が決勝線を通過したときをもって判定されるが、ばんえい競馬に限っては、馬が引っ張るソリの最後部が決勝線を通過したときをもって判定される。

用いられる競走馬は、平地や障害、速歩競走ではサラブレッド、サラブレッド系種、アラブ、アングロアラブ、アングロアラブ系種の軽種馬もしくはクォーターホース、アメリカントロッター等の中間種が用いられ、ばんえい競走では重種馬が用いられる。

競馬の世界は優勝劣敗が大原則であり、強い馬は強い馬同士、弱い馬は弱い馬同士での競走が基本である。だが、競走の出走メンバーのみを変更するには限界がある。そこで考え出された方法として強い馬には重い斤量を、弱い馬には軽い斤量となるように、負担重量を変更することで、ある程度幅のある競走を組むことができる。負担重量の決定方法としては馬齢戦、別定戦、定量戦、ハンデキャップ競走などがある。

競馬は興行という一面もあり、そのため観客をより多くひきつけるために、目玉となる競走として重賞が行われる。重賞の中でも、「強い馬が集まる重賞」、「そこそこのメンバーが集まる重賞」などのように格付けが行われており、それがグレード制である。最も強い馬が集まるのがグレードワン競走である。重賞の中でも、伝統的に古くから行われ、3歳馬に対して設けられたグレードワンレースにクラシックがある。2006年現在、世界各地でクラシックと呼ばれる競走が行われているが、日本を含む多くの国が最初に始められたイギリスのクラシックを模範としている。イギリスのクラシックは全5競走であるが、うち2競走は牝馬限定戦であり、牝馬限定戦を除く3競走を全て制覇する三冠を達成するのは非常に困難なことである。

歴史

ウマの速さを競わせること自体は有史以前、ウマが家畜化された頃から行われていたと考えられている。古代ローマ帝国およびそれを引き継いだ東ローマ帝国などでは、映画『ベン・ハー』に見られるような戦車を引いたウマによる競争(現在でも、この伝統を引き継いだスタイルの競争を行っている国がある)が行われていた。ローマやコンスタンティノポリスなどには大きな競馬場が建設され、東ローマ時代には国家的な行事として競走が開催されていた。また、ユーラシア内陸部の遊牧民族の間では、現在でもモンゴル族などで行われているようなウマの競走が行われていた。

現在のような、明確なルールにのっとった上でのウマの競走(近代競馬)は16世紀のイギリスに始まったとされ、17世紀にはフランスやアイルランド、19世紀にはドイツやイタリアでも行われるようになった。また、17世紀以降は、ヨーロッパ諸国の植民地であった国々を中心に、アメリカ・アジア・アフリカ・オセアニアなどの地域においても近代競馬が行われるようになった。

競馬の歴史に関する詳細については競馬の歴史を参照。

英国では18世紀後半頃まではマッチレースが主体であったが、競馬が産業としての要素を持ち始めた頃から衰退している。19世紀には競馬場は英国上流階級の社交場となり、この伝統は現在まで続いている。

競馬に出走する競走馬、いわゆるサラブレッドは17-18世紀に生まれた「バイアリーターク」、「ダーレーアラビアン」、「ゴドルフィンアラビアン」という3大始祖のいづれかの血統に当てはまるといわれている。

競馬の文化

イギリスをはじめとして日本より古くから競馬に親しんできた西洋諸外国においては、競馬は単なるスポーツやギャンブルとしてでなく、音楽、文学、絵画、彫刻などの創作活動の主題として取り上げられたり、社会制度にも入り込んで一連の馬事文化を形成している。一方日本では寺山修司など僅かな例を除いて、このような馬事文化が浸透していないと自嘲気味に指摘されてきた。しかし平成に入り、オグリキャップや武豊の人気により競馬が新たなファン層を獲得すると、他国には見られないまったく新しい独自の馬事文化が花開いた。

日本の競馬文化

競馬の放送

日本での競馬テレビ中継は1953年に、日本テレビが船橋競馬場の競走をテレビ中継したのが始まりである(これを記念して船橋競馬には日本テレビ盃というレースがある)。1959年に関西テレビ放送とフジテレビが中央競馬の中継を開始して以来、2006年現在でも引き続き行われている。中央競馬における競馬中継については中央競馬テレビ・ラジオ中継一覧も参照。

近年はインターネットを用いた映像提供が、地方競馬を中心に盛んに行われている。2006年1月現在、荒尾競馬場以外のオンデマンド配信(録画配信)を行っており、ライブ配信は最後まで導入していなかった荒尾競馬場が「TV Bank」にてライブ配信を開始したことにより、全ての主催者で視聴できるようになった。D-Netによるダートグレード競走のライブ配信を除いては、いずれも無料で行われている。中央競馬においては、衛星放送とケーブルテレビ網を利用したグリーンチャンネルによる映像配信事業が中心であり、インターネットでのライブ配信は行っていない。オンデマンド配信についても、中央競馬ピーアールセンターによるJRA-RACING VIEWERが有料サービスとしてで行われているのみである。

競馬ゲーム

競馬ブームが到来した1991年、家庭用ゲーム機のFC用ソフトとしてアスキーから競走馬育成シミュレーションゲーム『ダービースタリオン』が発売される。これが人気を博し、以降『ウイニングポスト』(コーエー)など競走馬を育成するシミュレーションゲームが様々なメーカーからも発売された。また『ファミリージョッキー』(ナムコ)にはじまり、『ギャロップレーサー』(テクモ)や『ジーワンジョッキー』(コーエー)など、競馬のレースゲームも数多く発売されている。

一方ゲームセンターにおいては、昔から競馬のゲームを作っていたメダルゲーム界で1999年、コナミから『GI LEADING SIRE』が、2000年にセガから『STARHORSE』が発売され、どちらも競走馬を育成する、という要素が初めて付け加えられ、ヒット作品となり現在でも絶大な人気を誇っている。

さらにメダルだけにとどまらずカード方式を用いた『ダービーオーナーズクラブ』(セガ)も1999年から稼動した。自分専用の馬をデータカード化できてゲームセンターを梯子できることや、賞金ランキング表示システムや実況のテンポの良さは大受けし、その改良版『ダービーオーナーズクラブ2000』は「ファミ通」のアーケード用のランキングでは1年半以上にわたり圧倒的な差でトップをキープし続けるほどの大人気となった。ネットオークションや専用のサイトなどでは強力な種馬、牝馬、子馬、賞金額の膨大な現役馬などの入ったカードや、カードコピーといった裏技情報が多数高価で取引されたり、セガ系列のゲームセンターでは地区レベルで各地で大会も開催されたことがある。人気が下り坂になりはじめると、新たに調教やステータスのシステムを一新し、プレイ料金も引き下げ、実況で馬名を発音させることができ、カードもコレクション性のあるものにした『ダービーオーナーズクラブ2』が2001年末稼動したが従来の人気は取り戻せなかった。2006年現在、PC向けオンラインゲームとして『ダービーオーナーズクラブオンライン』が存在しているが、話題性の割に人気は下火のままである。

日本の競馬

現在の日本において競馬は、競輪・競艇・オートレースと並ぶ公営競技の1つである。このため、刑法の特例として開催が認められている公営ギャンブルという側面ももつため、勝馬投票券(馬券)の発売を伴う競馬は特殊法人である日本中央競馬会 (JRA) 及び地方自治体にのみ開催が認められている。日本中央競馬会が主催する競馬を中央競馬といい、地方自治体が主催する競馬を地方競馬という。なお、地方競馬では地方競馬全国協会 (NAR) が免許の管理などの統括的な役割を果たす。

日本の競馬は競馬法ならびにそれに関連する法令によって、競馬に関する一切が定められている。

競馬の開催権は日本中央競馬会ならびに地方自治体にのみ与えられているが、競馬の実施に関する事務を他者へ委託することが、競馬法第3条の2および第21条によりできる。

* 中央競馬を主催する日本中央競馬会は、事務を都道府県、市町村又は私人に委託することができる。
* 地方競馬を主催する地方自治体は、事務を他の都道府県若しくは市町村、日本中央競馬会又は私人に委託することができる。

競馬法施行令第5条ならびに第17条の4において、競馬の競走形態が次の4種類に定められている。

* 平地競走 – 一般的な競馬の形態
* 速歩競走(トロット) – キャンターまではいかない(ダクの状態で行う)競走の形態。四肢が全て地面から離れると失格となる。通常の平地競走同様に馬に騎乗する騎乗速歩と、騎手が乗った繋駕車(けいがしゃ)と呼ばれる人力車に似た車を引かせる繋駕速歩の2種類がある。欧州では、平地競走よりも盛んに開催されている。日本でも1971年まで存在したが、現在では行われていない。
* 障害競走 – コース上に生垣や土塁、竹柵などが設けられ、それらを飛越しつつゴールを目指す競走の形態。中央競馬では、札幌競馬場と函館競馬場以外の競馬場で行なわれている。地方競馬では、1974年に廃止された春木競馬場を最後に、行なわれなくなった。
* ばんえい競走 – 北海道特有の、200メートルの直線山越えコースで重種馬がそりを引く競馬。

監督官庁は農林水産省で、監督部局は生産局畜産部競馬監督課であるが、地方競馬においては地方自治体が運営する関係上総務省(旧自治省)も関係する。地方競馬全国協会の監督官庁は総務省である。

* 主な競走については競馬の競走一覧を参照の事。

放棄: このウェブサイトのすべての内容は著作権で保護された材料である。 但し、ある言語翻訳はWikipediaから持ち上がった。そのNOは別と してこのウェブサイトの他の部分は他のウェブサイトで内容および/またはウェブサイトの所有者からの事前承諾なしで出版物に使用することが きない。

Wikipedia GFDL

競馬 映像

 

 

By admin

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *